冬の季節に効くあったかライフ・衣類や食事など

冬の寒さの気温と感じるのは一桁台の気温になった時期、出かける時は息が白いという12月初旬の頃。
この季節に健康や美容面で考えるのはあたたかくすごすということ、12月からはフリースや厚手の靴下が必需品です。
身体の健康とお肌や髪の美容面は比例するジャンルなので、毎日すごすには基本的な衣類や食事でほかほかします。
気温が低くて寒い季節は身体の内側からあたたまってほかほか、比較的薄着でというのもおしゃれですが、省エネを考えると重ね着です。
自然にあたたまると風邪の予防にも効果があるし、お肌の健やかにもいい効果、寒い季節も血流をアップして肌色が明るくなります。
熟年齢では肌再生がゆっくりですが、50代では70日くらいという肌周期にも、新陳代謝という面でこの温かさが効きます。
最近の気象で20℃くらいの日もありますが、高い気温と冬気温が交互でも気温差で衣類を調整しながらの冬。
食事の面ではホッとするお鍋が冬にはベスト、消化もいいしお肉や野菜など数種類あるし、これも冬に身体をあたためる一つです。

ヴィタクト